自動車購入時ローン ろうきんでオートローンお金借りれる?

自動車購入時ローン ろうきんでオートローンお金借りれる?

自動車購入時ローン審査基準とお金借りる際に気を付けること

 

自動車ローンは、自動車を買う人が利用するものですが、どんな条件で使うことができるもののことなのでしょう。

 

自動車ローンとは、車を買う時のお金を得るために融資を受けるものです。

 

金融機関によってはマイカーローン、オートローンなどの名称で呼ばれています。

 

自動車ローンといえば新車を買ったときに自動車販売会社を通して申込みをするのが一般的でした。

 

自動車ローンが利用できるところは、銀行や労働金庫などが登場しています。

 

どうしても車は高い出費になりますので、自動車ローンを利用して金銭的な負担を軽減することは理に叶っています。

 

どの金融会社から融資を受けるかで、自動車ローンの内容は異なりますので、利用しやすいところを見つけてください。

 

用途自由のフリーローンと異なり、自動車ローンは使い道が車の購入だけに限定されています。

 

その分、低金利で融資が受けられます。

 

カーローンの種類によって金利は違いますが、金利によってかなり支払額に差が出ますのでできるだけ金利の安いところを選ぶのもひとつの方法です。

 

自動車ローンは誰でも借りることのできるものではありません。きつい審査の方が、通った時は低金利で、大口の融資を受けやすいという特徴があるようです。

 

使いやすい自動車ローンがあれば、車を買う時に利用してみてはどうでしょうか。

 

自動車購入時のカーローン審査 とにかく損しないために必要なのはカーローン選び

 

車やバイクなど大きな買い物をするときに助けてくれるのがカーローンです。

 

カーローンは車本体の他にも免許取得費用や車体の改造費用も賄うことができます。

 

車に関する出費を総合的にカバーしてくれるキャッシングは味方になってくれます。

 

実は車の本体価格で購入を判断するよりも、カーローンの条件で判断したほうが最終的な出費は抑えることができます。

 

カーローンを利用せずに自腹で全額支払いができるようであればキャッシングをしなくても済むので問題ありません。

 

キャッシングをする人は、金利、契約先金融機関の種類、返済期間をよく判断する必要があります。

 

金利は借りている元金にかかる手数料で、金利が高いほど支払っている金額のうち手数料に当たる部分が大きくなってしまいます。

 

毎月返済をしていても元金が減りにくくなることから、元金の減りの遅さに驚くことがあるかもしれません。

 

だからと言って金利がいくら低くても返済期間が長いものにも注意しなくてはなりません。

 

返済期間を長くすることで毎月の負担が減るため、大きな負担になっていないと思ってしまいがちですが、それは間違っています。

 

こちらの場合は小さな手数料の積み重なりが長期化することで、最終的な利息負担が高額になります。

 

利息は払っていても何の得にもならないため、できるだけ早く、生活に負担がならない程度に返済額を多くし、早期に完済することが大切です。

 

カーローンを提供している会社には信販会社、消費者金融、銀行など様々ですが、申込者の年収次第に大きく影響される金融機関があります。

 

それが信販会社や消費者金融です。これらの会社では年収の3分の1以上の貸し出しが禁止されています。

 

希望する金額が年収の3分の1を超えていたら選択することができません。

 

契約先金融機関が、銀行系なのか、それ以外の貸金業者なのかに注意しておく必要があります。

 

また、カーローンを契約した後に別のキャッシングの契約を検討しているときにも注意が必要です。

 

カーローンの残債が現在の利用金額として信用情報に記録されることから、他社との契約時に借りることができる金額が少なくなります。

 

銀行系ローンの場合はこうした制限を受けることがありませんので、別のローンの契約を考えているときは銀行系ローンを選択するのが無難です。

 

車を購入するときにディーラーが提携しているローンを薦められることもありますが、すべてを鵜呑みにしてすぐに契約するのも失敗に繋がることがあります。

 

こうしたローンは「ディーラーローン」とも呼ばれ、個人で金融機関に申し込みをする場合よりも審査に通りやすいというメリットがあります。

 

審査も早くそのまま購入手続きができるので利便性は高いものの、金利がやや高く設定されているものが多いのが特徴です。

 

金利はわずか数%の差でも支払う利息に大きな違いが生まれてくるので、0.1%でも低いものを選んだほうが得をします。

 

ただし返済期間が短い場合はディーラーローンを選んだほうが、その他の費用で得をするケースもあります。

 

ディーラーローンを利用することで後々のメンテナンスや他にかかる費用をサービスしてくれることもあり、場合によっては車体価格を値下げしてくれることもあります。

 

それはディーラーとの交渉次第なので、よく話を聞いて判断するようにしましょう。

 

返済期間が長くなるような人はサービスをしてもらったとしても、利息負担のほうが上回ってしまうことがあるので、そのような人はより低金利のローンを探したほうが良いです。

 

最初は負担を少なくしたいと思っていても、思った以上に生活に余裕があったときに利用したいのが繰り上げ返済です。

 

繰り上げ返済をすることによって本来支払うはずだった利息を大幅にカットすることができます。

 

ボーナスなどで生活に余裕が出た時に利用したい返済方法ですが、ローンによっては手続きに手数料がかかるなどの別条件があるものもあるので注意しましょう。

 

繰り上げ返済が無料でできるのであれば積極的に利用して、残債を早めに返していくのが負担を減らすコツです。

 

数年後に再び車を買い替える予定があるのであれば、残価設定ローンも魅力的です。

 

このローンでは数年後に車を手放すことを前提に、そのときの車体価格を差し引いた金額で契約することができます。

 

乗り換え時に車体を下取りできないことや、期限を迎えた時の車の価値を維持するために走行距離に制約があることがデメリットになります。

 

購入するときの負担は減らすことができるでしょう。

 

期限がきたときに残価設定ローンの減額された分を支払うことによって、そのまま乗り続けることもできます。

 

こうしたローンでキャッシングをするとき、頭金をたくさん用意しておくことによって借りる金額を抑えることができます。

 

どのようなローンでも頭金があればあるほど最終的な負担は減少するので、頭金ゼロで購入できるような場合もなるべく支払いをするようにしましょう。

 

 

労金のカーローンでお金借りる 即日融資可能?在籍確認が気になる

 

自動車購入時ローン ろうきんでオートローンお金借りれる?自動車を購入する時や免許を取得する時や自動車の修理や車検に出す時などの車関係の支出を目的としている金融商品があります。

 

基本的に無担保で銀行や信用金庫や労働金庫や消費者金融などが提供するローンにマイカーローンがあります。

 

マイカーローンとしての知名度は低いです。

 

ディーラーなどで紹介されたローン会社や大手銀行に比べて、ずっとお得に借り入れができる場合が多い商品に労働金庫のマイカーローンがあります。

 

労働金庫のマイカーローンが金利や審査や申請などでいかに有利な金融機関であるかを以下で紹介しながら説明して行きます。

 

労働金庫自体を聞いた事が無い人を多いと思うので労働金庫を説明すると、労金とは労働組合や生活協同組合などが資金を出し合って作った働く人のための金融機関です。

 

行っているサービス内容は一般的な銀行とほとんど変わらず、労働組合員ではなくても就労者なら預金やローンなどのサービスを利用できます。

 

労働金庫自体は日本全国に13個存在して、各エリアに住んでいる就労者ならその地域を管轄する労働金庫を利用可能です。

 

基本的にどの労働金庫にもマイカーローンがあって、各地域の労金ごとにサービス内容が若干の違いがあります。

 

ほとんど似ているので最も大きな首都圏を管轄する労金のマイカーローンで解説して行きます。

 

金利は労働組合や団体会員の構成員か生活協同組合の組合員やその家族とそれらに所属していない一般の就労者かで異なってきます。

 

労働組合や団体構成員は、労働組合員や国家公務員や地方公務員などの団体構成員の事です。

 

変動金利と固定金利ともにかなり低い優遇金利でマイカーローンを利用できます。

 

次に優遇金利で借りれるのはその労働金庫に対して年会費などで出資している生活協同組合員で、労働組合や団体構成員に近い安い金利で利用できます。

 

残りの一般の就労者も利用可能ですが、ディーラーなどの紹介や大手の金融機関よりは多少低金利で利用できますが、大した優遇金利で利用できないです。

 

労働金庫のマイカーローンの最大融資額は各地域の労金で違いがあり、およそ500万円から1000万円の間の融資を受けられます。

 

 

ただ融資を受けるために審査があるため、最高額を借りるためにはそれだけ厳しい審査に通る必要があります。

 

労働金庫のマイカーローンが審査で通る利用目的はかなり幅が広く次にあげるように目的で利用可能です。

 

一般的な新車や中古車の購入や、保険費用や車検や修理費用や屋根付きなどの車庫の建設費用や運転免許取得費用など、

 

車とオートバイに関わる費用ならなんでも目的として申請できます。

 

他にもクルーザーやモーターボートやジェットスキーやヨットなどのマリンスポーツ関係の乗り物の購入費用は免許取得費用にも利用可能です。

 

それ以外にも他行やディーラーなどのキャッシングローンを組んでいる場合のマイカーローンの借り換え費用まで利用できます。

 

これだけ低金利で多目的で使える労働金庫のマイカーローンの申し込みから申請までの流れについて解説して説明します。

 

マイカーローンでお金を借りるときの必要書類

 

自動車購入時ローン ろうきんでオートローンお金借りれる?

 

申請前に必要書類を解説します。

 

免許証やパスポート、住民票などの本人確認書類

 

収入証明書

 

利用用途が明確に伝わる自動車の見積書

 

上記書類を事前に用意しておく必要があります。

 

次にインターネットか窓口から仮審査を受ける必要があり、その仮審査に通過したら本審査の申請に進みます。

 

マイカーローン本審査で必要な確認事項

 

正式な申込書

 

契約書

 

本人確認書類

 

収入証明書類

 

利用用途確認書類

 

上記必要書類提出の確認したうえ、その本人確認が正しいかの勤め先の会社や自宅への在籍確認も行います。

 

マイカーローンの在籍確認 職場や会社に電話は来る?

 

自動車購入時ローン ろうきんでオートローンお金借りれる?

 

勤め先の会社に在籍確認をする時には、労働金庫の名前を出さずに職場に本人確認を行うので、在籍確認でマイカーローンを組んだ事がバレる心配はほとんどないです。

 

書類提出や勤め先への在籍確認が完了して無事に審査に通過したら、申請した時刻や審査が早ければ当日で、遅くとも翌日までに契約すれば融資を受けられます。

 

ただ労働金融のマイカーローンの場合は、審査が早くて即日に審査が通過する事は稀です。

 

通常の場合は申し込みから審査までに2週間から3週間程度かかる事がほとんどです。

 

大手金融機関や消費者金融のように通常最短審査で即日融資を受けられる事はほぼないです。

 

1週間から2週間ぐらいは早くても掛かると見て利用した方がいいです。

 

また審査を時間を掛けて行う事や、金利も他の金融機関や消費や金融などに比べて低いため、審査自体の難易度はかなり高いです。

 

借り入れ金額の低めの免許取得費用などの20万円前後の場合は審査が通りやすいです。

 

高級外車などを購入する資金として限度額近い融資を受けたい場合には審査がかなり厳しくなります。

 

労働金庫のマイカーローンは住んでいる地域で借入限度額などのサービス内容の違いや、審査に時間が掛かる事や審査自体が厳しいというデメリットはあります。

 

団体会員の構成員や生活協同組合の組合員ならかなり低い金利で無担保融資を受けられるのでそれだけで利用するメリットは十分あります。

 

トップへ戻る