プロミス電話なしキャッシング可能?在籍確認が不安な方に

プロミス電話なしキャッシング可能?在籍確認が不安な方に

プロミス電話なしキャッシング可能?審査在籍確認が不安な方に

 

 

・プロミスのオペレーターに審査相談で会社電話連絡なし
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス金利 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能なので便利

 

プロミス

 

 

 

プロミスの総量規制に関して

 

プロミスは消費者金融なので、総量規制がかかります。年収の三分の一以上の借り入れは出来ないということです。

 

総量規制というルールが出来る前は、消費者金融独自の審査により、いくら貸すのかを決めることが出来ました。

 

そのため、たとえば年収が300万円で、債務も300万円あるような人でも、返済に遅れてさえいなければ、

 

更に50万円を貸すという風に、年収以上の貸し付けを行う場合もありました。

 

しかし、基本的に、年収と同じぐらい、あるいは年収を超えるようなお金を貸し付けたとしても回収は難しく、

 

また、客は返済に追われてしまうことになり、結局、返済出来ずに自己破産を選択するということも多かったので、

 

年収の三分の一の貸し付けは出来ないようにするというルールが作られたのです。

 

しかし、このルールはあくまでも上限の設定であって、どのような場合でも年収の三分の一までは必ず借りられるということではありません。

 

なので、債務がなく、年収300万円の人がプロミスに100万円の借り入れを申し込んだとしても、必ず借りられるとは限りません。

 

一般的に、無担保のフリーローンを選んだ場合、初回の貸し付けは50万円以内というのが多くなっています。

 

 

プロミスレディースのサービスの特徴

 

プロミスというのは、実に良い消費者金融です。実は三井住友フィナンシャルグループの完全子会社でもあります。

 

但し、サービスブランドとしては昔から使っていた知名度のあるプロミスのままです。このプロミスなのですがレディースローンもやっています。

 

プロミスレディースローンは女性専用のローンであり、金利は4.5%から17.8%になります。融資可能限度額500万円になります。しかし、総量規制がありますから当然ながら500万円もの融資可能金額となるような人は年収が1500万円以上であることが必須です。それでもなお、別に確実に設定されるわけではありませんから注意しておきましょう。

 

まず、女性に対していろいろと配慮しています。オペレーターは女性しかいませんから安心して電話をすることができます。

 

プロミスレディース審査とは年齢から収入、他社の借り入れなどが審査されることになります。勤め先に電話もします。プロミスレディース在籍確認が必須になりますが、これは基本的には電話です。

 

しかし、相談によっては違う方法で確認してもらうことも可能です。女性は特にそうしたことがありますからねそのあたりもかなりしっかりと配慮されているのです。

 

 

プロミスレディース利点は即日融資可能。初心者にお勧めの理由

 

プロミスレディースはプロミスがやっている女性専用のカードローンです。

 

申込みの方法としては三つあります。それがインターネットから、そして電話から、当然、来店をすることによっても契約は可能です。

 

全国どこからでも契約可能になっています。3秒借り入れ診断というサービスもしています。最短で即日融資が可能になっています。

 

平日の14時までに申込みが完了しますと即日融資可能となっています。

 

返済方法ですがローンなのですから、当然、分割可能です。金利ですが4.5%から17.8%です。法定金利ギリギリの18.0%がとにかく消費者金融で多い中では0.2%ではありますが

 

それでも安くなっています。

 

その点は多少なりとも評価できることでしょう。プロミスレディース審査はまずは年齢からであり、20歳以上から69歳以下である必要性があります。

 

これは必須です。そして、いうまでもなく女性のみのローンです。プロミスレディース在籍確認ですが基本は電話です。

 

しかし、それをして欲しくないのであれば伝えることです。

 

プロミスレディースを女性が使うメリットはここにあるといっても過言ではないでしょう。女性が安心して利用できるカードローンなのです。

 

プロミスレディースは女性に安心のカードローン

 

様々なカードローンがありますが、そのひとつにプロミスレディースがあります。

 

プロミスがやっているローン商品であり、色々と良い点があります。

 

まず、名前の通り、女性専用ローンになります。また、専用ダイヤルがあるのですがオペレーターがすべて女性になります。

 

やはり女性は金融業者と話すことにやや抵抗感、恐怖感を持っている人がいるのです。そうした人に配慮しているわけです。

 

これが実に有難い点であるといえるでしょう。意外と良いローンといえるのは確かでしょう。

 

金利ですがこれが意外と高いです。4.5%から17.8%です。

 

業界最低水準、というようなタイプではないです。しかし、法定金利ギリギリというわけではありませんし、

 

プロミスレディース審査においてはパートでもアルバイトでもよい、としていますから、意外と通りやすいところでもあります。審査の通りやすさはかなり大事であるといえるでしょう。

 

プロミスレディース在籍確認もしっかりと行われますが、これも相談をすることによって、回避できることもあります。

 

書類の提出によってそれを在籍証明とすることが可能です。また、このローンは即日融資も可能です。このように色々と良い点があるのです。

 

 

 

プロミスの女性用ローンはオペレーターが全員女性

 

金融サービスとしても一律でやっているわけではないのです。いろいろと特化しているところもあるのです。

 

その一つとしてあるのがプロミスレディースになります。これはプロミスが提供している女性用ローンです。当然、男性というだけで利用不可です。

 

まず、前提として女性であることが必須であり、そして、年齢による制限もあります。

 

20歳以上、69歳以下であり、これはプロミスでは基本的にどんなローンサービスでも似たような設定になっています。

 

まして、他の消費者金融でも上限年齢はともかくとして下限は20歳にしていることでしょう。プロミスレディース審査ですが、まずは収入が必須です。

 

消費者金融になりますから、どうしてもそれが必要になります。

 

総量規制の問題があるからです。しかし、プロミスレディースではパートでもアルバイトでも大丈夫、としていますからその点はそこまで心配することはないでしょう。

 

ですがプロミスレディース在籍確認もすることになります。つまりは、パート先などに電話確認が入ります。基本はそうなのですがやらないようにすることもできます。

 

それがプロミスレディースの良い点でもあります。だからこその女性用ローンなのです。

 

 

 

プロミスレディースのサービスとして良い点

 

プロミスは色々とよいサービスを提供しています。その一つとしてあるのがプロミスレディースになります。これは女性専用ローンであり、なかなか良いサービスとなっています。いうまでもありませんが、女性のみしか申込みができないローンです。金利は4.5%からです。

 

最大で17.8%です。法定金利の上限が18.0%になりますから、僅かではありますがそれよりは低いといえます。さて、このプロミスレディースですが申込み方法がいくつかあります。例えばWEBからでもよいですし、電話も可能です。もちろん、来店して、ということも可能になっています。

 

電話先は確実に女性になっています。専用ダイヤルのオペレーターはすべて女性です。これも女性に配慮して、ということになります。また、平日14時までに申込みが完了すれば即日融資も可能になっています。これがプロミスレディースの良いところです。

 

もちろん、プロミスレディース在籍確認もありますから、それは覚悟しておきましょう。パートでもアルバイトでも働いている必要性があるのですが、そちらのほうに電話が入ります。別にプロミスであることは言いませんからその点は心配無用です。これが基本になります。

 

 

 

プロミスレディースの内容とは

 

プロミスレディースという金融サービスがあります。名前の通り、プロミスが提供しており、そして、レディースローンでもあります。要するに女性専用のローンであるわけであり、これがとてもお勧めできる要素があります。

 

まず、年齢制限があります。しかし、これはそこまで珍しいことではなく、20歳以上69歳以下という極々普通の設定です。そして、消費者金融ですから総量規制が引っかかることになります。その為、プロミスレディース審査では収入があるのかどうか、というのもポイントになります。

 

そこを審査されますし、プロミスレディース在籍確認もあります。金利ですがこれは融資可能金額が設定されたときに決まることになります。融資可能金額に応じて、4.5%から17.8%になります。法定金利ギリギリではありますが、上限ではありませんから基本的にはそんなに悪いというわけではないでしょう。

 

プロミスレディース在籍確認ですが、これは電話でされることになります。しかし、それでも十分に対処できます。実は相談をすることによって、電話確認をしてもらわない、という選択肢があります。これはとても有難いことであるといえますし、まさに女性の味方のローンといえるのです。

 

 

プロミスの女性向けキャッシング

 

金銭的にピンチになるのは、男性だけでなく女性でも同じです。

 

生活費や急な出費等の支払いが難しいときは、キャシングサービスの利用を考えるでしょう。

 

さまざまな企業がサービスを提供していますが、はじめて利用するときはどこを選択するか悩むことが多いです。

 

もし、これから決めるなら、自分にあったサービスを選択するといいでしょう。

 

プロミスでは、さまざまな人にサービスを展開しています。

 

女性向けのサービスのレディースキャッシングもあるので、プロミスの利用を考えているなら検討するといいです。

 

レディースキャッシングを利用するには、プロミスレディース在籍確認をクリアしないといけません。

 

プロミス側の条件を利用者の女性が満たしていれば問題ないです。

 

はじめて利用するときは、プロミスレディース審査に通るか心配するかもしれません。

 

プロミス側で、ある程度条件を公表しているので、自分が条件を満たしているかチェックするのもいいでしょう。

 

レディースキャッシングは安定した収入がある人を対象としたサービスです。

 

安定した収入があるなら、レディースキャッシングに申し込むといいでしょう。

 

申し込みをして無事に審査に通れば、レディースキャシングを利用できます。

 

 

 

プロミスレディースと契約

 

プロミスレディースは当然ですが女性専用になります。女性専用ですから基本的にはかなり女性に配慮しています。

 

まず、専用ダイヤルがあるのですが、そこのオペレーターがすべて女性になっています。

 

とにかく、金融業者の男性が怖い、という女性が多いのでそれに配慮したわけです。まず、そもそも年齢もあります。

 

20歳から69歳までになります。20歳以下はそもそも契約行為が不安定なので貸せないわけです。69歳以下、というのは年齢的なリスクがあるからです。このプロミスレディース審査では収入、そして、年齢、他社からの借り入れなどが考慮されることになります。プロミスレディース在籍確認も行われることになります。

 

仕事自体はアルバイトでもパートでもよい、としています。派遣でも契約社員でも問題はないです。しかし、在籍確認をするときに電話をされたくない、という人もいるでしょう。それがプロミスレディースの良いところであるといえるでしょう。金利が4.5%から17.8%になります。

 

これはよいのかどうか、といいますと17.8%というのは法定金利の18.0%よりは本当に僅かではありますが低いのでまったく評価できない、というレベルではないです。

 

 

 

 

プロミスレディースのカードローンとしてのメリット

 

プロミスといえば、とてもよい消費者金融です。実は銀行系の傘下でもあるのですがここ自体は消費者金融になりますから、総量規制の対象になります。そのプロミスがやっているローンサービスのひとつにプロミスレディースというのがあります。

 

名前の通り、レディースローンであり、女性を対象にしています。オペレーターも女性にする、という徹底振りで女性のために色々と配慮しています。

 

金利は4.5%から18.0%になります。これが低いのかそれとも高いのか、というのはそもそもその人の融資可能金額によって変動します。

 

最大の融資可能額が500万円になりますが、これが4.5%になります。しかし、殆ど設定されないようなものではありますからあまりそれに期待はしないほうがよいでしょう。しかし、プロミスレディース審査は収入があることが必須なのですがそれがアルバイトでもパートでもよいのです。

 

しかし、レディースローンではあるのですが専業主婦は駄目、ということでもあります。バイトでもパートでもよいのは有難いでしょう。

 

プロミスレディース在籍確認もされるわけですが、相談すれば回避できる場合もありますから、まずはオペレーターに相談してみましょう。

 

 

30日間無利息カードローン会社

 

最近は数多くの金融会社があるので、その中から条件のいいローンを使いたいと思う人がたくさんいます。

 

貸付条件が有利なローンを探した時に見つかるのが、30日間無利息というローンではないでしょうか。

 

ローン会社によっては一定期間の金利が0円になるところもあります。

 

30日間とはいえ、本来返済しなければならない金利の返済がなくなるので非常にお得です。

 

ローンの組み方を工夫することで、本来ならばかかるだろう利息を払わない借り方ができるでしょう。

 

返せる金額だけを借りることがローンの鉄則ですので、利息がかからない場合でも無理のない融資に留めましょう。

 

幾つかのローン会社が、一定期間内の無利息ローンを取り扱っています。条件によって、30日か180日の無利息ローンが可能な金融会社もあるといいます。

 

180日間無利息は借入金額の5万円が対象ですが金利は半年もの間0円となるのは魅力です。それぞれのローン会社のよって無利息サービスの条件や内容はかなり異なります。

 

金利0%でローンが組める金融会社はどこで、それぞれどんな貸付内容なのかは、ネットなどで調べられます。

 

ローンは利用したいけれど、金利を払いたくはないという人は、金融会社ごとの無利息サービスを確認するといいでしょう。

 

低金利でお金借りたい!銀行と消費者金融どちらがいい?

 

お金を借りる際の選択肢には銀行カードローンと消費者金融のキャッシングがあります。低金利を目的とした場合には、銀行カードローンの方が低金利で借りることが可能です。ただし、どちらにもメリットとデメリットが存在しますので、ポイントを押さえてから選ぶとより便利に活用することができます。

 

まず、どちらもお金を貸すサービスを行っていることに変わりはありませんが、それぞれルールが異なります。銀行は総量規制の対象外となりますので、借入額は最大限度額まで借りることが可能になっています。

 

もちろん、年収や安定的な職業についているかと言った判断材料のもと、限度額が定められますので誰でも可能なわけではありません。ただ、可能性の話としては銀行カードローンだと制限がないと言うことです。

 

対して消費者金融からお金を借りる場合には、総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか借りることができないように定められています。また、すでに年収の3分の1以上の借入がある場合にも、追加で借りることはできなくなっています。どこからいくらお金を借りているかについては、信用情報として特定の組織で共有されていますので、偽って申請することもできません。どんなに安定的な職業についていたとしても、法律で定められていることですので、覆すことができない決まりです。

 

 

テーマとなる金利については、前述したように銀行カードローンの方が消費者金融のキャッシングよりもやや低金利となっています。総量規制の対象外で低金利ともなれば、選択の余地なしと考えがちですが、消費者金融と比較しても目をみはるほどの違いは感じられない程度のものです。特に30万円に満たないほどの小額な借入であれば、利息は銀行がわずかに有利と言った状況です。

 

なぜ、低金利を求めるかと言えば、可能な限り無駄な費用をかけたくないからこそだと言えます。すると、重要なことは金利よりも返済期間を短くすることの重要性の方が高いのです。

 

消費者金融では初めて利用される方を対象に、30日間の無利息期間を設けるなどキャンペーンを実施していることも多いです。つまり、利用額や返済計画によっては低金利で勝る銀行よりも消費者金融で借入した方がお得なケースもあります。金利だけにとらわれずに、期間や金額をどのくらい借りるのかを考えてから選択した方が賢く活用できると言えるでしょう。

 

さらに、審査スピードや難易度についても考慮しておく必要があります。いくら低金利だと言っても、借入できなければ意味がありません。消費者金融は銀行と比べると、圧倒的に審査時間が早くなっています。

 

審査時間は大手の消費者金融なら最短で30分、即日融資も可能です。しかし、銀行が取り扱うカードローンは、以前だと即日融資が可能だったこともありましたが、2018年より実質的に不可能となっています。

 

従来の方式だと、審査申込があってから銀行の審査に進んでいましたが、間に警察のデータベースへの照会の義務が課せられるようになったためです。これは反社会的勢力に該当しないかなどの確認の徹底が理由にあります。

 

警察のデータベースからの回答は、早くても翌日以降となります。そのため、銀行のカードローンでは即日融資ができなくなったのです。また、審査には銀行の営業時間が関係してきますので土曜日や日曜日、祝日だと翌営業日まで審査を待つこともあります。入用でお金が必要になった場合には、そもそもの選択肢が限られてしまうのです。

 

 

複数社からの借入などを行っている場合は審査に通らないなど、銀行のカードローンは審査が厳しい傾向もあります。その理由は低金利でサービスを提供しているからです。お金を貸すと言うことは、万が一回収できなかった場合を想定する必要もあります。金利は、このリスクと深い関係があるものです。きちんとお金を返済可能な信頼できる人なら、低い金利であってもリスクとのバランスが取れています。

 

ただ、返済が滞る可能性が高いほどリスクも高まるため、金利を上げてバランスを取る必要が出てくるのです。もしも、金利を低く設定していたうえに回収ができないとなるとサービスを続けて行くことが困難になります。低金利であることが必ずしも優れているとは言えない理由でもあります。

 

銀行カードローンの低金利のメリットを実感できるケースは、多額の借入を長期的に利用する場合です。また、運営もとが大手の銀行であれば信頼性の面でも優位だと言えます。しかし、少額の借入では金利のメリットよりも審査の厳しさや、即日審査などのスピード面でのデメリットが大きくなると言えるでしょう。

 

さらに低金利のメリットも短い期間であれば、消費者金融のキャッシングでキャンペーンを利用した方が安く済ますことができる場合もあります。なぜ低金利で借りたいのか、また期間や金額などの返済計画を予め考えることで最適な手段が見つかります。

 

 

トップへ戻る