楽天銀行カードローンの在籍確認 職場に電話かかってくる?

楽天銀行カードローンの在籍確認 職場に電話かかってくる?

 

・楽天銀行ならではの安心感
・入会で楽天ポイント1000ポイント
・楽天口座を持っている方に人気

 

 

楽天銀行カードローンの在籍確認 職場に電話かかってくる?

 

カードローンを申し込んだ場合、気になるのは「在籍確認」の電話です。

 

家族や会社にばれずにお金を借りたいので、かかってこないようにできないか、と考える人も多いのではないでしょうか。

 

こちらを避けたい場合、在籍確認の電話をしないカードローンを選ぶ必要がありますが、銀行では在籍確認をしないところはあまり聞いたことはありません。

 

楽天銀行のカードローンはどうなのでしょうか。結論から言えば、例外を除いて在籍確認は存在します。

 

これについては自社サイトにて「ご勤務先での在籍、また、ご契約内容をお電話にて確認をさせていただいております。

 

社名は名乗らず個人名でご連絡いたしますが、社名を尋ねられた場合や社名開示のご希望があった場合、また当行が必要と判断した場合は「楽天銀行」と名乗らせていただく場合がございます。」と記載されています。

 

在籍確認とは何のために行われるのでしょうか。これは、本人が本当に申込みの際に申告された会社に勤めているかどうかを調べ、虚偽の申込みを防ぐために行われます。

 

この時、違う社名や銀行名を名乗ってもらうことはできません。もし在籍確認ができない場合、借り入れに時間がかかってしまう可能性があります。

 

加えて、虚偽が発覚した場合は「契約不可」と判断され、融資を受けること自体ができなくなってしまいます。

 

在籍確認の電話を自分が取り次げる場合は良いですが、離席中に他の人が取り次いでしまう場合があります。

 

この場合、先に述べた通り社名を名乗らず個人名を告げ、本人が取り次げなくても、「その会社に申込者が働いている」ということが分かれば大丈夫なので、確認できたならそれ以降の電話はありません。

 

しかし、本人ではなく他の人が取り次ぎ、会社名を尋ねられた場合には、「楽天銀行」ということは告げなければならなくなります。

 

それを不安に思う方は多いと思いますが、楽天銀行はカードローンだけではなく講座も扱っているので、そちら関連で電話があるかもしれないと予め告げておいたり、あるいはその件の電話だったと告げることもできます。

 

また、異性ではなく同性の担当者に電話をかけてもらったり、電話をかけてもらう時間を指定することは可能なため、申込みの時点で相談しておくといいでしょう。

 

これに当てはまらない、先に述べたカードローンにおける例外は、「専業主婦がカードローンを申し込む」場合です。

 

こちらは限度額は最大で50万円となっていますが、電話による在籍確認が行われません。しかし、本人確認の電話連絡はある点に注意が必要です。

 

また、楽天銀行のカードローンは「融資希望額が30万円以下と定額」「延滞遅延や他社からの借入金がない」場合は在籍確認の電話がかかってこないこともあると言われています。

 

この遅延にはキャッシングの他に携帯電話の通信料金や公共料金、奨学金などの滞納履歴も含まれます。

 

しかし、こちらの場合でも本人確認や契約確認の電話はかかってくることを覚えておきましょう。

 

楽天銀行カードローンの審査基準

 

楽天銀行カードローンは、ネット銀行である強みを生かしPCや携帯電話から申し込み可能なことや、コンビニ、ATMから手軽に借り入れ可能だというメリットがあります。

 

1.9%〜14.5%と低金利で主婦やパート、アルバイトも受け付けており即日審査にも対応しています。

 

申し込み要件は満年齢20歳以上60歳以下で、日本国内に居住地があり、毎月安定した定期収入のある場合となっています。

 

専業主婦の場合は専用枠があって、自身に収入が無くても借りられ配偶者の所得証明書も不要です。

 

ただし借入上限は50万円と少なめです。

 

申し込みの後、保証会社・楽天クレジット株式会社によって審査が行われ、審査にバスする必要があります。

 

実はこの審査が厳しいという口コミが見受けられます。

 

現在年収300万円以上でないと審査をパスすることが難しいと見られており、パートやアルバイトもOKとはなっているものの、年収が300万円に満たない場合では実際には審査を通る人はあまりいないのが現実です。

 

審査に申し込んで落ちると、その情報が個人信用情報に記録されるため他社に対するカードローン申し込みであっても審査に通りにくくなってしまいます。

 

楽天銀行カードローンの場合は半年間は再申し込みを受け付けていません。

 

このため申し込みに当たっては無料の査定サービスを利用するなどして審査結果の予測を得ておくことも有効となるでしょう。

 

楽天銀行カードローンは300万円までの借り入れであれば収入証明書を必要としません。

 

300万円以下なら個人情報書類だけで申し込むことが可能です。ただし勤務先に在籍確認が行くことを覚えておきましょう。

 

即日審査okと謳ってはいますが、審査にやや時間がかかる傾向が見られます。2営業日ほどかかる事も多く、急ぎの場合には向いてないと言えるでしょう。

 

楽天会員であれば優遇されるとなっていますが、詳細は不明です。楽天銀行の口座を開設すれば30日無利息期間を利用できます。

 

楽天銀行カードローンはネット銀行の特性を活かした便利さがメリットですが、反対にネットになじみのないにはとっつきにくく、年齢制限を超えている人は借りられないというデメリットもあります。

 

審査に時間がかかるため、急にお金が必要になった場合のとっさの手段としては向いていません。

 

返済方法は口座引き落としのみですが、楽天銀行の口座である必要はなく殆どの銀行が対象です。

 

繰り上げ返済も可能で、連携ATMを利用できるため便利です。自社ATMや自動契約機はありませんが、ATMは幅広い銀行などと連携しているため困る事はないでしょう。

 

残高スライドリボルビング返済が採用されており、借入金総額がどんどん膨らんでいく特徴があります。

 

そのため繰り上げ返済を利用してなるべく短期間に完済していくことをお勧めします。

 

ネットに特化したことでのメリットやデメリットに注意しながら、無理の無い範囲で賢く利用するようにしたいものです。

 

 

 

楽天銀行カードローンは無利息で借りれる?

 

楽天銀行カードローンは無利息で借りることができるのでしょうか。

 

というか、そもそもカードローンを無利息で借りるようなことができるのでしょうか。

 

カードローン会社にとって、利息というのはまさに自分の会社の収入源です。

 

銀行の場合はカードローン以外にもいろいろな金融業務を行っていますから、カードローンの利息だけが唯一の収入源というわけではありませんが、少なくともカードローン事業だけで物を考えた場合は、利息というのは事実上唯一の収入源です。

 

それがゼロということは、その事業全体として収入がゼロになるわけで、仕事をしている社員に給料を払うこともできなくなってしまいます。

 

つまり、普通に考えてありえません。

 

しかし、あくまでも一時的に、あるいは一部の人だけを対象にしたキャンペーン的なものに話を限っていえば、無利息で借りれることはありえます。

 

その分は会社として利益がなくなるのですが、その利益を犠牲にしてもそのようなキャンペーンを展開することに意味があると判断する場合もあるからです。

 

楽天銀行の無利息カードローンはまさにこのようなケースに当てはまります。無利息の恩恵は無制限に受けられるわけではなく、特定の条件を満たした人に限られます。

 

具体的に言えば、楽天銀行のカードローンをこれまでに利用したことのない人で、かつ銀行口座の開設と同時にカードローンの申し込みを行った人という条件がついています。

 

ちなみに、他の消費者金融でもこのような無利息キャンペーンをやっていることはあり、その条件としてはほぼその金融機関のカードローンを初めて申し込む人となっています。

 

ただし、消費者金融の場合は口座の開設というのは当てはまりませんから、そのような条件はありません。

 

銀行であることから、口座開設という条件が同時に必要とされている分だけ、厳しい条件になっているといえるかもしれません。

 

楽天銀行の場合、この条件に当てはまれば30日間は無利息でカードローンを借りることができます。

 

だいたいこのようなキャンペーンにおいては限度額の設定があることが多いのですが、楽天銀行の場合は特に限度額というものは設定されていません。

 

もちろんキャンペーンの条件とは無関係に、融資を受けることのできる限度額というのは個々人に存在しますから、その限度額が上限とはなるのですが、それとは別に無利息の恩恵を受けることのできる上限というものはないのです。

 

例えば、50万円を本来の金利として年利15%で借り、借りてから30日間は無利息であったとすると、この期間にかかるはずの利息は約6000円となります。

 

これだけの金額を支払わずに済むということになりますから、決して小さい金額ではありません。

 

もちろん融資金額がさらに大きくなれば得をする金額も増えることになりますが、初回申し込み時には限度額は比較的低めに設定されてしまうことが多いですから、何百万円も借りることができるとは思わないほうがよいでしょう。

 

楽天銀行カードローンの審査口コミ

 

急な冠婚葬祭に出費が重なり、困っていました。

 

いずれも、大変お世話になった方ばかりで、欠席するわけにも行かず、とりあえず、クレジットカード決済で現地に出向き、ある場所では、悲しみに暮れ、ある場所では、新しい門出を祝福するという、目まぐるしい日々を過ごしました。

 

すべての催事が終わり、やっと落ち着いて食事でもしようと、家の近くのコンビニでクレジットカードで食事を購入しようとしたところ、ショッピング枠が限度額に達し、買い物が出来ないことに気付きました。

 

冠婚葬祭に追われて、夢中になっているうちに、多くの金額を使い果たしていたのです。

 

しかも、口座から引き落としがされる期日まで、あと何日もありません。

 

これはどうしたものかと悩んでいたところ、ふと楽天銀行カードローンのことを思い出しました。

 

考えてみれば、既に楽天銀行の口座を開設しており、度々広告でカードローンのことも目にしていました。

 

なんとなくその存在を認識していましたが、まさかお世話になる日が来るとは、夢にも思っていませんでした。
早速公式ホームページにアクセスし、申し込み手続きの方法を調べました。

 

すると、入会だけで楽天スーパーポイントが1000ポイント付与され、利用残高に応じて、最大30000ポイント付与されるということで、これだけのポイント還元があるのなら、随分助かると思いました。

 

さらに、楽天市場の会員ランクに応じて、審査が優遇されるということで、ちょうどゴールド会員だったので、これはもう、楽天銀行カードローンしか無いと思い、申し込みをすることにしました。

 

必要事項を入力し、しばらくすると、審査結果のメールが届き、仮審査合格の記述されており、ほっと胸を撫で下ろしました。

 

さらに十数分後に電話がかかってきて、申し込み内容の確認、本人確認などが行われました。

 

つづいて、必要書類の提出になりますが、郵送では時間がかかってしまうため、証明書類送付アプリを使って、スマートフォンで書類を撮影した画像を送付しました。

 

こんなにも簡単に書類の送付が済むとは、なんと便利な世の中になったかと感じました。

 

最後に、通常は、口座振替依頼書の郵送が必要になるのですが、幸い、既に楽天銀行の口座を開設していたため、書類の提出の必要は無く、オンラインで手続きが完了し、この時ほど、ネット銀行の口座を持っていて良かったと思ったことはありません。

 

すべての手続きが滞りなく終わり、早速融資を受けることにしました。

 

公式ウェブサイトにログインし、指定口座に振込みを依頼しました。

 

楽天銀行の口座であれば、24時間即時振り込み可能ということで、数十分後には、振込されたことを確認しました。

 

そして、無事、月末の支払いに間に合い、助かりました。

 

あとは、借りた金額を、これから先、しっかりと返済していきたいと思います。

 

急な冠婚葬祭は、いつ訪れるのか分かりません。
そんな、いざと言う時に頼りになるサービスが、こんなにも身近なところに存在したことに、感謝しています。

 

 

楽天銀行カードローンでお金の借り換えは可能?

 

楽天銀行カードローンは借り換えに用いることももちろん可能です。

 

というか、どんなカードローンであっても借り換えに用いることは可能といえば可能で、借り換えに使ってはいけないなどと決まっているカードローンなど基本的には存在しません。

 

しかし、現実問題としては、どんなローンであっても借り換えに適しているとは限らず、借り換えに適しているローンとさして意味のないカードローンが存在します。

 

楽天銀行カードローンは前者であり、十分に借り換えに適しているカードローンと言えるのです。

 

さて、ではそもそも一体何のために借り換えということをするのでしょうか。これは、2つの意味があります。

 

最も大きな意味は金利負担の軽減です。いま借りているお金よりも低金利でお金を借りることができれば、両者の差が金利負担の軽減となって現れてくるからです。

 

このように言うと、そんな簡単に低金利でお金を借りることができるのなら、初めからその金融機関で借りている、だから実際にはそういう金利負担が軽減されるようなケースはないに違いないと言われることがあります。

 

確かにごもっともな意見ですが、現実はさほど簡単な話ではありません。一般的に、小口のお金を借りるには、相対的に高い金利がつけられることが多いです。

 

小口のお金であってもお金を貸すほうとしては一定の事務手続きが必要となるわけですから、それに見合った対価、つまり金利をつけないと仕事にならないからです。

 

ですから、例えば50万円を計3回、別々の金融機関で借りるにはそれぞれで18%程度の金利がつく場合でも、合計して150万円を一括して一つの金融機関で借りる場合には15%の金利で済んだりもするわけです。これが金利のからくりの一つの例です。

 

借り換えをすることのもう一つの意味は、家計の管理のしやすさです。融資が複数に分かれていると、返済も複数回行わなければなりません。

 

その都度ATMに行って返済を行う必要があります。

 

ATMからの返済ではなくて口座からの自動引き落としを利用している場合であっても、口座残高をその都度気にしていなければならないという点では煩わしさは似たようなものです。

 

これが、合計の融資金額は同じでも融資が一本化されると、それだけATMの返済の手間は軽減されます。

 

これが借り換えの二番目の意味です。

 

楽天銀行で借り換えをすることの意味は、上に書いた二番目の意味はもちろん満たされます。

 

というかこれはどんな借り換えであっても、元が複数の融資であるのを一本化する限りは当てはまる利点です。

 

そして、楽天銀行の場合は、一つ目の意味、つまり金利負担の軽減についても当てはまることが多いでしょう。

 

楽天銀行カードローンの金利は、銀行のカードローンとしては標準的ですが、消費者金融の金利と比べるとはっきりと低いです。

 

もし、消費者金融からの融資を受けているのであれば、それを楽天銀行で借り換えることで金利負担が軽減されることでしょう。

 

トップへ戻る