無職でも即日融資は問題なく利用出来る?

 

無職の状況にある人では、銀行や消費者金融会社などがやっている、キャッシングサービスを受ける事はまず出来ません。

 

その為幾らお金を借りる意志があったとしても、融資の申請をする事自体、敢えなく断られてしまいます。

 

お金を直ぐに借りる事が出来る凄く便利なシステムとして、即日融資サービスがあります。

 

即日融資サービスにおいてでも、無職の状態である事により、残念ながら提供してもらえなくなります。

 

無職の方が銀行や消費者金融業者などが実施している、

 

全般的な融資サービスを利用する事が出来ない理由には以下の事が挙げられます。

 

多くの銀行や消費者金融会社などが、お金を貸し出す条件として、

 

「安定した収入を確実に得ている事」などと設けられているからです。

 

例として某有名消費者金融業者の申請条件をよく読んで見ると、

 

「融資したお金を返済するだけの力がある人」や、

 

「ある一定の定期的な収入を必ず得ている方」などと言った具合に、はっきりと書き記しています。

 

つまりパート、アルバイト、正社員、自営業者などである、

 

継続的に安定した給与取得者などであれば、融資をすんなりと受けられると言う意味です。

 

ですので収入が全くない専業主婦や無職の方々などは、何かしらの雇用状態によって、

 

きちんと働かない限り、銀行や消費者金融会社などが取り扱っている、

 

全てのキャッシングサービスなどを、一切利用出来ないと言う事です。

 

大手消費者金融一覧

 

プロミスカードローン

 

モビットカードローン

 

アイフルカードローン

 

キャッシング即日融資が持つ利点に関して

 

直ぐにお金を借りる事が可能となる非常に便利なシステムとして、

 

キャッシング即日融資と呼ばれる、優れたサービスがございます。

 

キャッシング即日融資とはお金を借りる事を今直ぐにでも受けたい方にとって、

 

大変便りがいになる魅力的なシステムの特徴があります。

 

近年では消費者金融業者が実施している、キャッシング即日融資が大人気となっています。

 

勿論銀行のカードローンに至ってでも、即日融資サービスを積極的に取り扱って、

 

大勢の利用者へと提供している所などが、どんどんと増え続けて来ております。

 

そこでここではキャッシング即日融資を受ける、メリットについて詳しく紹介させて頂きます。

 

即日融資サービスの大きな利点であるのが、

 

「纏まった現金を、一刻も早く用意しないと行けない時に、

 

直ぐ様希望通りのお金を申請者の口座などに振り込んで、しっかりと対処してくれる」

 

事などであります。

 

キャッシング即日融資は、借り入れの申込み手続きを済ませたその日の内に、希望金額を、郵便口座や銀行口座へと、早急に振り込んでくれる、とても素晴らしいシステムです。

 

なので現金を急いで準備しなくては行けない人々や、思わぬ出費が発生して、財布の中へとお金が完全になくなってしまった方々などに、最も相応しくて、凄く有り難いサービスだと言えます。

 

無職で即日融資可能?今すぐお金借りたいけど給料がないケース

無職の人が即日融資を受けるということは可能なのでしょうか。今すぐにお金が手元に必要だけれども、給料がないというケースです。

 

このような融資、つまりキャッシングに関しては、無職というのは極めて厳しいというか、原則的には不可能だと考えておくべきでしょう。

 

もちろん、100%何が何でも不可能ということではないかもしれませんが、基本的には融資を受けるようなことはできません。

 

銀行や消費者金融のウェブサイトなどを見てみても、申し込みができる人の条件として安定した収入のある人というのは間違いなく書かれていることです。これは伊達に書かれているのではありません。しっかりとした理由があるからこそそのようになっているのです。

 

無職でも何とかならないのかと言うよりも前に、まずはどうしてそのようになっているのか、その根本のところを理解することから始めるべきでしょう。

 

そもそも、銀行にせよ消費者金融にせよ、どうして見ず知らずの赤の他人である申込者にお金を貸してくれたりするのでしょうか。自分自身のことに置き換えて考えてみてください。

 

もしあなたが誰かからお金を貸して欲しいと頼まれたとして、二つ返事でお金を貸すでしょうか。もしそうだとするとあなたは相当にお人よしというか、そのような二つ返事で貸したお金はそのまま返ってこないことも多いでしょう。

 

いやそんなことはない、これまで気前良くお金を幾度も貸してきたけれども、全てきちんと返してもらっているという人がいたとすれば、その人は相当な強運の持ち主か、あるいはこの後で述べる審査に相当するような事柄を知らず知らずのうちにしっかりと行える能力を持った人だからでしょう。

 

普通に考えて、よく分かりもしない相手に簡単にお金を貸すことなどありえません。相手をみきわめ、この人であれば貸したお金にきちんと利息をつけた上で期日までには返してくれると確信を持てるからこそ、お金を貸してくれるのです。このみきわめに相当するのが審査ということになります。

 

審査の内容については企業秘密である部分も少なくないものの、例外なく極めて重要なポイントとなっていることの一つがその人の収入です。

 

借りたお金を返すためには、その人に収入がないと無理でしょうと言っているわけです。

 

収入とは単にお金が入ってくる当てというだけの意味ではなく、仕事をしていて、その仕事に伴って収入を得ていることです。給料と言い換えてもほぼ同義語です。

 

ここで若干疑問に思う人もいるかもしれませんので、補足説明が必要でしょう。借りたお金を返すために、是が非とも仕事による収入が本当に必要なのでしょうか。

 

例えば、ある程度なら貯金があるという人もいるかもしれません。仕事をしていなくても資産を持っている人は世の中にいくらでもいます。

 

あるいは、親などから仕送りを得ている人もいるでしょう。このような人は、確かに仕事をしていなくてもお金は入ってくる当てがあり、それで借りたお金を返すことも理論的にはできるかもしれません。

 

しかしそれはあくまで理論的な話です。その理論を受け入れるかどうかを決定するのはあくまでお金を貸す側であって、残念ながら借りる側に決定権はありません。

 

そして、どんな銀行や消費者金融も、この理論を受け入れてはくれないのです。借りたお金を返す当てとして認めることができるのは仕事による収入のみということです。

 

どうしてなのかとさらに突っ込みを入れたくなる人もいるかもしれませんが、これは万人を納得させることのできる回答は用意されていないのが実情です。

 

そうなっているからとしかいえない側面があることは事実です。ともあれ、これは決定事項なのですからここにこれ以上疑問を差し挟んでも時間の無駄でしかありません。

 

無職の人がキャッシングをするために取るべき方策としては、どうしてなのかと駄々をこねることではなく、無職から抜け出して安定した収入の得られる仕事に就くようにすることです。

 

ここで問題になることがあるとすれば、安定した収入が得られる仕事とは一体どういうものかということでしょう。

 

安定という言葉から、正社員でないといけないというように受け止められることもあるのですが、これは決してそういう意味ではありません。単に、毎月の収入金額がだいたい同じ程度で安定している、月によって収入に大きな差がないという程度の意味でしかありません。

 

つまり、正社員であればもちろん該当しますが、派遣社員や契約社員であっても当然当てはまります。また、長期で継続的なものである限り、アルバイトやパートであっても当てはまるのです。

 

ですから、何もいきなり正社員の職を求めなければならないと言っているわけでは決してありません。単発でなく長期であればアルバイトやパートであっても構わないのですから、ハードルとしては決して高くはないでしょう。あるいは、派遣会社に登録だけしておき、派遣社員としての身分だけをとりあえず得ておくという方法もあります。

 

トップへ戻る